ファミ通文庫
うさ恋。〈1〉女なんか、嫌いだーっ!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784757720961
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

おい、ちょっと待て!おれはうさぎを拾っただけだぞ。洗ったら人間になったり、月の国のお姫様だったり、そりゃちょっと変わったうさぎだったけど、だからって、それが何で金髪のカツラとフリフリシャツで、花婿修行するはめになるんだ。冗談じゃねぇ!おれは平凡な中学生なんだ。ストイックに男の道を生きるんだ!!たとえ地球が滅びたって、うさ耳の生えた女とつきあえるかーっっ!!ついに開幕!地球規模、奇想天外ハートフルラブコメ。

著者等紹介

野村美月[ノムラミズキ]
『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きりひと

7
★★☆☆☆ 本作からは「ヒカルが地球にいたころ」シリーズの色が濃く窺えた。といっても、本作は「ヒカルが地球にいたころ」シリーズの雛形のようであり、「ヒカルが地球にいたころ」シリーズを、砂糖水で甘く濃ゆめながらも、しかし作品の濃度だけはマシュマロのように薄めらているような印象を受けた。それは小学校中学年向けのジュブナイルにも似ているように思う。くわえて、それはひどく女性的(少女漫画的)な(ラノベの)作風だなぁ、と私的に感じた。苦手な人はとことん苦手な作風だと思う、けれど、個人的には読みやすくて好感触だった。2013/12/14

た〜

3
押しかけ女房系ラブコメを野村美月にかかるとこうなりますか。キャラ作りの巧みさは、この頃すでに高次元だったようだ。ところでうさぎが「みゅみゅみゅ〜」と鳴くのかー2014/10/13

みっくー

3
「ーーーーーー!!!!!!」がうざくて読みにくかった。主人公が不憫でならない。 白薔薇の騎士とか面白いけどさ、主人公の気持ちも考えてあげようよ。まぁ、そこを突っ込むのもどうかと思うけど。  うさぎ可愛いな。でも、ちょっととろくていらつく。可愛いからいいけど2012/01/02

なつき

2
小説『うさ恋。(1) 女なんか、嫌いだ~っ!』読了。文学少女シリーズの作者さんで、この小説は文学少女シリーズよりも前の、2004年の出版。文学少女シリーズがとても好きだったので、いわゆる作家買いです。うさ耳の女の子、かわいい……かわいいなあ……時代らしく、かわいこちゃん…………。2017/09/06

ペソ

2
ゆる~い、マシュマロみたいなラブコメ。突然やってきた女の子となんやかんやでラブコメするのは、何時の時代も変わらないのだが、ところどころ時代を感じるノリがあって、それはそれで面白い。2013/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/542205

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。