パリを歩く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 233p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757150782
  • NDC分類 293.5
  • Cコード C0070

内容説明

革命都市の光と影。写真、彫刻、映画…木靴、コラージュ、バリケード。歩行の記憶をたどるユニークなパリ案内。

目次

1 徒歩で行く(パリを歩く;女と男のいる舗道 ほか)
2 足裏の記憶(公園からの眺め;水の記憶 ほか)
3 三脚の街(靴磨きの影;マルヴィルの三脚 ほか)
4 歩く芸術家(ボヘミアンのパリ横断;ピエロとふくろう ほか)
5 抵抗と歩行(燃え上がる車;リュと人間 ほか)
6 移動する都市(移動する庭;漂流のグラフィティ ほか)

著者等紹介

港千尋[ミナトチヒロ]
1960年神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。在学中にガセイ南米研修基金を受け、南米各国に長期滞在。1985年より、パリを拠点に写真家・批評家として活動。1995年より多摩美術大学に着任、現在、情報デザイン学科教授。写真展「市民の色chromatic citizen」で第31回伊奈信男賞受賞。2007年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。