綺想の表象学―エンブレムへの招待

個数:

綺想の表象学―エンブレムへの招待

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 542p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784756607980
  • NDC分類 701
  • Cコード C0070

内容説明

ホラティウスの“詩は絵のごとく”は、ルネサンスに読み替えられて“絵は詩のごとく”として受容され、その理想的表象としてエンブレムが舞台に登場する。詩句が図像の意味を説明し図像が詩句の内容を図解するエンブレムは、「絵は黙せる詩、詩は語る絵」の理想的表現であり、そこに湧出する機知に満ちた綺想は、「諸表象間の照応を表現する知解力の働き」であった。

目次

序章 詩は絵のごとく―クラーナハとアルチャーティ
第1章 ヒエログリフ(ヒエログリフの伝説―古代からルネサンスへ;ヒエログリフの発見―ホラポッロ『ヒエログリフ集』 ほか)
第2章 インプレーサ(インプレーサの起源―中世の紋章的伝統;インプレーサの背景―『ピュシオロゴス』と動物誌 ほか)
第3章 エンブレム1(エンブレムの原型―『教訓版聖書』、『貧者の聖書』、『人間救済の鑑』;エンブレムの範例―「図解版オウィディウス」、「図解版聖書」、『ケベスの奉献画』 ほか)
第4章 エンブレム2(エンブレムの完成―サンブクス、ユニウス、ロイスナー;エンブレムの流布―ファン・デル・ノートとボッキ ほか)
第5章 エンブレム3(哲学的エンブレム―ブルーノ『英雄的狂気』;倫理的エンブレム―ウェニウス『ホラティウスのエンブレム集』 ほか)
終章 絵は詩のごとく―ポッツォとイエスズ会

著者等紹介

伊藤博明[イトウヒロアキ]
埼玉大学教養学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。