未来への帰還―ポスト資本主義への道

個数:

未来への帰還―ポスト資本主義への道

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 124p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784755400940
  • NDC分類 311
  • Cコード C0031

内容説明

ドゥルーズ=ガタリを超えて。亡命地パリから逮捕・投獄の待つイタリアへ。帰還直前に語られたネグリ思想のエッセンス。

目次

第1章 20世紀旧体制との決別
第2章 ノマド化する世界
第3章 生の最深部へ
記憶と忘却のうまい使い方について
トニ・ネグリ=『悪魔の帰還』
トニ・ネグリとのインタビュー―『リベラシオン』

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Sumiyuki

0
ネグリさんの考えは「ノマド化する世界」に集約できるのかな。脱工業化社会を迎え、必要とされるのは個々人の自由な発想となった。そのためには、ノマド(≒既存の秩序に抗して自由な生き方ができる人)が重要になった。スピノザ読みたい。以下、別の本より引用。マルチチュード(≒世界を支配する権力に抵抗しようとする民衆の力)は〈帝国(≒グローバルな世界のやりとりを調整する政治的な主体)〉の力の源泉であると同時に、それに対抗し、グローバルな流れに抗するもう一つの力にもなる(小川仁志『すっきりわかる超訳「哲学用語」事典』より)2012/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490354

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。