神々のフェミニズム―現代アメリカ宗教事情

神々のフェミニズム―現代アメリカ宗教事情

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784752100812
  • NDC分類 192.53

内容説明

アメリカ宗教界において女性はいかなる地位を占めるか?原始キリスト教以降の歴史をふまえ現代アメリカ宗教界のフェミニズムを追求する。

目次

第1章 教父時代から宗教改革へ(女性差別の背景;初代教会から中世へ;宗教改革の時代)
第2章 アメリカ―植民地から新国家へ(植民地時代のアメリカ;リバイバル運動の時代;19世紀のアメリカ社会のなかで;アメリカのカトリック教会;19世紀における女性聖職者;アメリカ生まれの三つの教派)
第3章 南北戦争後のアメリカ宗教界(海外への飛躍;黒人教会そしてホーリネス、ペンテコステ;女性聖職者の減少;ファンダメンタルとリベラル;移りゆく時代のなかで)
第4章 激動の1960年代から80年代(より自由で人間的なアメリカを求めて;ルーテル派、聖公会、バプテスト派;女性の聖職者と神学生をめぐって;セブンスデー・アドベンチスト派とモルモン教会;カトリック教会における女性聖職者;女性差別用語の改訂)
第5章 90年代は(90年代における女性;90年代におけるアメリカ宗教)