格差・貧困と生活保護―「最後のセーフティネット」の再生に向けて

個数:

格差・貧困と生活保護―「最後のセーフティネット」の再生に向けて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750326597
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C0036

内容説明

生活保護制度の国民生活に果たす役割などを述べる前に、多くの人々が生活保護制度に抱いている疑問を解きほぐす形で、具体的な問題に論述。

目次

第1章 Q&A生活保護に関するよくある質問(生活保護の相談は、いつ、どこに、どのように行うのか;どの程度生活に困窮したら、生活保護を利用することができるのか ほか)
第2章 公的扶助とナショナルミニマム保障(公的扶助は社会保障の中でどのような働きをしているか;日本の生活保護制度はどのような特徴があるか ほか)
第3章 解体の危機にさらされる生活保護(北九州市で続発する餓死・自殺事件;なぜ生活保護制度が機能しないのか―「ヤミの北九州方式」の問題点 ほか)
第4章 生存権保障制度としての生活保護(「人間らしく生きる」権利の保障を求めて―生活保護裁判の意義と課題;貧困の再生産を断ち切るために―被保護世帯の子どもたちへの支援 ほか)