タックスシェルター

個数:

タックスシェルター

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月22日 04時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 319p
  • 商品コード 9784641129115
  • NDC分類 345.1
  • Cコード C3032

出版社内容情報

脱税とみなされない巧妙なタックスシェルター(課税逃れ商品)が,米国はもちろん,日本においても社会問 題となりつつある。租税法理論を前提に,ファイナンスの視点をふまえ,これらの行為の類型化,論理的分 析をはかる意欲作。租税専門家・ビジネスマン必携の書!

《主な目次》
本書の目的――タックスシェルターと租税回避行為の類型化
第1部 タックスシェルター利用の背景
 1 タックスシェルターとは何か
 2 コーポレイト・タクセイションの最近の動向
 3 租税専門家の役割
第2部 タックスシェルター理解の基礎
 4 租税法と金銭
 5 金銭債権譲渡と消費税
 6 仕組み債
第3部 タックスシェルターの具体例
 7 租税回避類型化論
 8 帳簿価額かさ上げ
 9 課税逃れ商品の新しい事例
第4部 タックスシェルターへの対応
 10 アメリカにおけるタックスシェルターへの対応
 11 課税逃れ商品に対する租税回避否認
 12 節税商品と投資家保護

内容説明

脱税とみなされない巧妙なタックスシェルター(=課税逃れ商品)が、米国はもちろん日本においても社会問題となりつつある。租税法理論を前提に、ファイナンスの視点をふまえ、これらの行為の類型化、理論的分析をはかる意欲作。租税実務家・ビジネスマン・租税法を学ぶ学生必携の書。

目次

第1部 タックスシェルター利用の背景(タックスシェルターとは何か;コーポレイト・タクセィションの最近の動向;租税専門家の役割)
第2部 タックスシェルター理解の基礎(租税法と金銭;金銭債権譲渡と消費税;仕組み債)
第3部 タックスシェルターの具体例(租税回避類型化論;帳簿価額かさ上げ―課税規定を用いた課税逃れ;課税逃れ商品の新しい事例)
第4部 タックスシェルターへの対応(アメリカにおけるタックスシェルターへの対応;課税逃れ商品に対する租税回避否認;節税商品と投資家保護―tax shelter malpractice)

著者等紹介

中里実[ナカザトミノル]
1954年埼玉県生まれ。1978年東京大学法学部卒業。同助手、一橋大学法学部助手、同講師、同助教授、東京大学法学部助教授を経て、現在、東京大学法学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉱物

0
通読。金銭(≒貨幣)の定義の部分の記述は、私にとっては目からウロコでした。2015/03/20

寺田一成 (税理士法人) 神戸 滋賀

0
中里先生の頭の中はどうなっているのでしょう?2011/09/07

ただの人間

0
課税流れという見地から、いわゆる課税流れ商品を含む各種取引や関連する対応について論じる。脚注の番号がページ単位で計算される独特のレイアウト。出版の時期的な要素もあるのか基本的に個人の納税者が購入するようなものを想定していると考えられるが、税額減額やそれへの対応に関する基本的な考え方については まとまって論じられており、法人の課税を考えるにあたっても参考になる点が多いと感じた。2020/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/503277
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。