Minerva Library〈社会福祉〉<br> 知的障害者の「親元からの自立」を実現する実践―エピソード記述で導き出す新しい枠組み

個数:
  • ポイントキャンペーン

Minerva Library〈社会福祉〉
知的障害者の「親元からの自立」を実現する実践―エピソード記述で導き出す新しい枠組み

  • 森口 弘美【著】
  • 価格 ¥5,500(本体¥5,000)
  • ミネルヴァ書房(2015/09発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 250pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 07時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623074594
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C3336

内容説明

「親がみるべき」などの社会規範に縛られて、「自立は無理」と本人も家族も思い込まされてきた知的障害者とその親たち。本書では、本人と家族が互いに「主体的に生きる自立した大人」と認めあえる社会の実現に向けた方途を考えていく。主観的にしか捉えられない「自立」や「成長」といった変化を論じる(考察する)一つの方法として、今まで主に心理・保育分野で使われてきた手法である、エピソード記述を福祉の研究に援用した意欲作。

目次

第1章 日本と諸外国における障害者の家族依存の実態
第2章 「親元からの自立」ができない状況へのアプローチ
第3章 知的障害者の親による運動における親の認識変容
第4章 親元からの自立に関するインタビュー調査と質的データ分析
第5章 エピソード記述による考察
終章 知的障害者の「親元からの自立」に向けて
補章 知的障害のある人の青年期における親子関係の変容についての一考察

著者等紹介

森口弘美[モリグチヒロミ]
1971年生まれ。1994年京都大学文学部史学科卒業。1994~1999年社会福祉法人わたぼうしの会勤務。1999年~2012年財団法人たんぽぽの家勤務(非常勤)。2002年同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了。2012年同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了。現在、同志社大学社会学部社会福祉学科助教。博士(社会福祉学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いとう

1
知的障害の『自立』ではなく『親元からの自立』としている。 健康マイノリティの発見(著:標美奈子)と同様、ケアをする者に依存する社会構造を指摘しているが、保護者側の要因も丁寧に指摘している。 Q:発達障害に関して、支援者である病院や学校の要因はないか?ASDのマイノリティ化2021/06/22

YASU

1
障害者自立支援法(総合支援法)によって「自立」支援が大切になったこんにち,知的障害者に限っては自立支援がなかなか進まない.その大きな要因として親元からの自立が困難という事情がある.ケアを親に押し付ける社会のあり方を見直し,どうすれば自立可能かを探った学術書である.2020/07/31

mogihideyuki

1
知的障害者の自立は"周囲の人が本人にどのように関わり、それに対して本人がどのように応じ振る舞うかの相互作用によってもたらされる関係性の変化として理解することもできる"と著者は言う。"「一人の友人」や「一人の住民」として、また「学生に学びをもたらす存在」として遇されることになり、それに応じた振る舞いが本人から引き出されることにつながる"。伝統共同体では、通過儀礼を終えると扱われ方が一気に変わる。大人と同じ仕事を教え込まれ、相応の振る舞いを求められる。人の自立や成熟を考えるうえで重要なポイントだと思う。2018/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9865529
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。