映像身体論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 290p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622073628
  • NDC分類 778.01
  • Cコード C1010

内容説明

映像メディアは、知覚と身体をいかなる次元に導いてきたのか。スペクタクル社会に空隙をうがつ「時間イメージ」の諸相とは、はたしてどうのようなものなのか。ジル・ドゥルーズ晩年の主著『シネマ』の問いを受けとめつつ、「身体の映画」の新たな可能性を切り開く論考。

目次

映像のほうへ
1 映像身体論(映画という哲学的対象について;フレームという恐ろしいもの;キアロスタミ讃 ほか)
2 映像時間論(「技術」と「群衆」;エプスタン 物質の映画;映画とアルトー ほか)
身体のほうへ(視覚と身体;小津安二郎の時間;映画でなければ)

著者等紹介

宇野邦一[ウノクニイチ]
1948年、島根県生まれ。京都大学文学部卒業後、パリ第8大学に学び、文学科で修士論文を、哲学科で博士論文を執筆。立教大学現代心理学部映像身体学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

映画、より一般的に映像というメディアがいかに人間の身体に浸透し、知覚の構成そのものに作用しているのか。