ハーレクイン・ロマンス<br> 思い出はつらすぎて

  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン・ロマンス
思い出はつらすぎて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 156p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784596119438
  • NDC分類 933

内容説明

ロウィーナは、市長の息子との結婚を一カ月半後に控え、式が思いもかけず盛大なものになりそうなことに困惑していた。しかも市長は、世界的に有名な写真家に撮影を依頼するという。ある晩、写真家と顔を合わせたロウィーナは凍りついた。彼こそ、二度と会いたくないと思っていた男性リオだったからだ。六年前、リオは工芸学校で絵を教える講師で、十七歳のロウィーナが死ぬほど愛し、身も心も捧げた相手だった。だが二人の仲は、厳格な兄によって引き裂かれてしまった。彼は、ロウィーナが身ごもり、その後流産したことも知らないはず。挙式間際の今、リオは二人の過去を明かすつもりなの―。

著者紹介

ウォーカー,ケイト[ウォーカー,ケイト][Walker,Kate]
イングランド中部ノッティンガムシャーの生まれだが、ブロンテ姉妹の生地ヨークシャーで育った。ウェールズの大学、大学院に学び、ブロンテ姉妹の研究で修士号を取得した。夫とは学生時代に知り合う。児童館の司書から出発し、息子の誕生を機に作家活動を開始した