白泉社招き猫文庫<br> ねぼけ医者 月を斬る

個数:

白泉社招き猫文庫
ねぼけ医者 月を斬る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月24日 01時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 247p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831136
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

江戸日本橋の小児医者・宇田川三哲は、いつも昼過ぎまで寝ているので「ねぼけ医者」と呼ばれ、身分違いの恋に悩む男。また、無眼流の遣い手であり、夜になると御庭番の助っ人として非情の剣を振るう。御庭番と、幕政の混乱を狙う尾張藩が江戸に送り込んだ御土居下同心との壮絶な闘いの行方は!?無眼流の奥義に潜む妖魔とは!?

著者等紹介

平茂寛[ヒラシゲカン]
1957年静岡県生まれ。東京農工大学農学部卒。第三回朝日時代小説大賞を受賞した『隈取絵師』や『暴れ茶人無頼剣』『とっぱあ与力』シリーズなど多数出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「ねぼけ医者」と呼ばれる宇田川三哲は、無眼流の遣い手で、夜になると御庭番の助っ人として非情の剣を振るう。尾張藩が江戸に送り込んだ御土居下同心と御庭番との間で壮絶な闘いが繰り広げられる!
2015年5月刊。