• ポイントキャンペーン

立法学―序論・立法過程論 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589030443
  • NDC分類 321

こちらの商品には新版があります。

内容説明

我が国における政治・行政の閉塞状況を、立法過程の分析・考察を通じて構造的に解き明かし、内閣主導に踏み出した小泉政権の意義を総括しつつ、今後向かうべき方向を展望する。

目次

第1部 序論―立法学総論(立法学の意義;立法学の体系;立法学の課題)
第2部 立法過程論―立法を巡る制度と動態(我が国における立法過程の鳥瞰図;省庁内過程;政府内過程;与党内過程;政管関係;官僚制;マスコミ;国会内過程;議員提出法案;国会の機能;政治主導)

著者紹介

中島誠[ナカジママコト]
1960年兵庫県生まれ。1984年東京大学法学部卒業後、厚生省入省。2001年8月厚生労働省大臣官房企画官(人事・省庁再編担当)から九州大学大学院法学研究院助教授(立法学、社会保障法)へ出向。2004年7月厚生労働省健康局生活習慣病対策室長。2005年8月厚生労働省大臣官房参事官(健康・医療保険担当)。2006年9月厚生労働省政策評価官。2007年9月国土交通省住宅局在宅政策課長。一橋大学大学院法学研究科客員教授。筑波大学法科大学院非常勤講師。早稲田大学大学院法学研究科非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

立法過程論の体系化を試みた基本書の最新版。誠二・行政の閉塞状況を立法過程の分析・考察を通じて構造的に解き明かし、内閣主導に踏み出した小泉政権の意義を総括。今後を展望する。