現代の雇用と法を考える

  • ポイントキャンペーン

現代の雇用と法を考える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 260p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784589030085
  • NDC分類 366.14

目次

1 雇用関係法の展開(労働法体系と雇用関係法;労働条件決定システムと雇用関係法;雇用構造の変化と雇用関係法)
2 雇用関係法の課題(労働時間の法;労災補償の法―災害補償(労基法第八章)と労災保険法
懲戒と解雇の法
会社分割と労働契約の承継
個別労働紛争と裁判所―労働審判制度創設の意義)

著者紹介

後藤勝喜[ゴトウカツキ]
1974年3月、九州大学大学院法学研究科博士課程修了。九州国際大学大学院法学研究科・法学部教授。1983年より九州船員地方労働委員会委員(2002年より会長)、1987年より中央労働委員会九州地方調整委員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)