現代韓国の安全保障と治安法制

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589029386
  • NDC分類 319.8

目次

第1部 現代韓国の軍事・治安法制の歴史と性格(韓国の軍事主義と人権;韓国の軍事法と治安法:軍事と治安の錯綜と民軍関係の転倒 ほか)
第2部 現代韓国の安全保障政策とアメリカ(韓米防衛条約論―非対称性と水平化;米軍再配置論議を通してみた米国の軍事戦略変化と韓米同盟)
第3部 軍事・治安法制の日韓比較(駐韓米軍地位協定と対米軍訴訟;日米地位協定の改定に向けて ほか)
第4部 日本の軍事大国化と東アジア(日本の軍事大国化と改憲論;「日米同盟」と地域的集団安全保障)

著者紹介

徐勝[ソスン]
立命館大学法学部教授(比較人権法)。1945年生。立命館大学コリア研究センター長、日本平和学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)