ベスト新書<br> 子供の名前が危ない

個数:
電子版価格 ¥591
  • 電書あり

ベスト新書
子供の名前が危ない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月18日 06時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584123577
  • NDC分類 288.1
  • Cコード C0236

内容説明

亜明日であーす、一女でいおな、里羅楠でりらっくす…。芸能人や知人の子供の名前を聞いて、仰天した経験はないだろうか。驚くべきことにこうした名前をつけられた子供には、社会的ステータスの低さや犯罪傾向までが指摘されている。弊害ばかりの珍奇な名前が増えたのは、親の低下か、はたまた行き過ぎた個性の主張か。実は、その背景には私たちにも関係する日本社会全体の大きな問題が存在していた。本書は名前にまつわる貴重なエピソードを多々紹介。そのメカニズムと問題を徹底的に分析していく。正しい名づけの方法も特別収録。

目次

第1章 めずらしい名前など、めずらしくない
第2章 名前は子供の人生を決めるのか
第3章 名前でわかる日本の世相
第4章 奇抜な名を生む深層心理
第5章 無力感はなぜ「自由」を叫ぶか
第6章 名前にまつわる数奇な運命
第7章 珍奇ネームは私たちへの警告である
第8章 正しい名づけの方法

著者紹介

牧野恭仁雄[マキノクニオ]
命名研究家。東洋大学易学研究会の顧問を30年以上つとめ、各種の占術の研究にたずさわってきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)