平凡社新書<br> テレビは原発事故をどう伝えたのか―ドキュメント

個数:

平凡社新書
テレビは原発事故をどう伝えたのか―ドキュメント

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年06月06日 20時36分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582856316
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0200

内容説明

人びとは固唾を呑んで、福島原発事故のテレビに見入っていた。そこで、テレビは「原子炉は安全だ」「放射能が漏れても直ちに健康被害はない」と、政府と東電の主張を繰り返した。その結果、ネットなどで、「大本営発表」との批判が噴出した。その批判が妥当なのか、ここで番組の丁寧な検証を行いたい。“3.11後のよりよい社会”を構築するためにも。テレビは誰の目線に立って報道したのか?メディア・スタディーズの専門家が答えを出す。

目次

序章 “3.11後の社会”の熟慮民主主義のために
第1章 福島第一原子力発電所事故の経緯―3月11日から3月17日まで
第2章 地震発生から一号機の爆発まで―振りまかれる「楽観論」の言説
第3章 福島第一原発一号機の爆発―覆い隠せない“現実”と“安全神話”の間で
第4章 3月13日から14日の三号機爆発まで―繰り返される「可能性」言説
第5章 3月17日ヘリからの水の投下―人体への影響はどう語られたか
第6章 原発事故に関するインターネット上の情報発信
第7章 情報の「共有」という社会的価値

著者等紹介

伊藤守[イトウマモル]
1954年山形県生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。同大学メディア・シティズンシップ研究所所長。専攻は社会学、メディア・スタディーズ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。