双葉文庫<br> 人を殺してみたかった―17歳の体験殺人!衝撃のルポルタージュ

個数:
電子版価格 ¥453
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
人を殺してみたかった―17歳の体験殺人!衝撃のルポルタージュ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575712513
  • NDC分類 368.7

内容説明

2000年5月、愛知県豊川市で17歳の男子高校生が見知らぬ家に侵入し、主婦を殺害。「人を殺してみたかった」という少年の殺害動機は、世間を震撼させた。本書はこの衝撃的な事件の発生から、審判、そして少年事件をとり巻く今後の課題までを、気鋭のノンフィクションライターが抉るルポルタージュである。

目次

第1章 殺意
第2章 逃走
第3章 動機
第4章 家族
第5章 審判
第6章 課題

著者紹介

藤井誠二[フジイセイジ]
1965年名古屋市生まれ。ノンフィクションライター。高校在学中に「愛知の管理主義教育」を告発する社会運動に参加。その記録を卒業と同時に出版し、地元で大きな反響を呼ぶ。上京後、週刊誌記者などを経てフリーに