双葉文庫<br> 花鎮めの里―異能の絵師爛水

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

双葉文庫
花鎮めの里―異能の絵師爛水

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575665550
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

花鎮めの祭の三日前、北国の櫛流村に江戸から旅してきた北野爛水と名乗る絵師が現れた。彼は祭の日に勃発した大事件を鮮やかに解決して、村人たちの心を一気に掴む。名主の屋敷に滞在するようになった彼は、名主の美貌の娘ふゆ、悲惨な過去をもつ弥平太らと親しみながらも、ときおり謎の行動をとる。はたして爛水は何者で、何を目的にやって来たのか。そしてある日、彼が村にもたらした物とは…衝撃の結末が用意された異色の時代小説。

著者紹介

海野謙四郎[ウンノケンシロウ]
1947年生まれ。東京出身、湘南育ち。大学卒業後、出版社に入社し、宣伝部でポスターやラジオCMの制作、コピーライティング等を担当。5年後編集部へ移り、ノンフィクション、翻訳、美術、歴史、文芸等多様な分野を経験する幸運に恵まれて雑学を仕込む。ファンタジー雑誌、俳句総合誌の編集長を務めたのち、現在は財団法人事務局長。『異能の絵師爛水 花鎮めの里』で作家としてもデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)