• ポイントキャンペーン

双葉文庫
上げ帆に富士―朧月お小夜

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575665536
  • NDC分類 913.6

内容説明

薬種問屋開隆堂のひとり娘お小夜が、元下妻藩士の立花織部と元指物師の襄丸を集め、船頭の伊吉と三番手代の勇助に手伝わせて始めた世直し集団だったが、それぞれの思いと立場は様々だ。襄丸が幼馴染みのおぎんとの関係を取り戻す一方で、織部を襲った浪人たちの行動から、下妻藩と水戸藩のおかしな動きが知れてくる。書き下ろし長編時代小説、期待の第二弾。

著者紹介

早瀬詠一郎[ハヤセエイイチロウ]
1952年、東京生まれ。学習院大学経済学部卒。岡本紋弥の名前で、男女の色恋を謳う江戸時代からの古典芸能浄瑠璃「新内」の継承者の一人であり、脚本・放送作家としても商業演劇やテレビ番組の台本を多く手がける。現在は意欲的に時代小説に取り組み、江戸の男女を活き活きと描く作風が期待されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)