双葉文庫<br> おれも武士―子連れ侍平十郎

個数:

双葉文庫
おれも武士―子連れ侍平十郎

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575665185
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

剣の達人であったがために、藩を二分する政争に巻き込まれ、上意の討っ手を差し向けられた長岡平十郎。主君の命といえど、幼い娘・千沙を残しては死ねない。逆に討っ手を斬って江戸に出奔し、いまや景山道場の跡を継ぐ身となった。だが、安寧は長くはつづかない。何者かの手により道場生たちが次々と凶刃に斃れ、さらには、かつての敵対派閥の領袖・国家老の古畑惟次の意を受けた新たな刺客が、国許より迫る。流浪の父娘の運命やいかに?ファンのアンコールの声に応え、「子連れ侍」シリーズ、堂々の復活。

著者紹介

鳥羽亮[トバリョウ]
1946年埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。90年『剣の道殺人事件』で第36回江戸川乱歩賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

上意を帯びた討っ手を斃し、いまや江戸・景山道場の主となった長岡平十郎。ようやく安住の地を得たかに見えた流浪の父娘だが、道場生が次々と凶刃に斃れるという事件が起こる。さらには平十郎を狙って国許より新たな討っ手が……。