• ポイントキャンペーン

双葉文庫
参議暗殺

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575665130
  • NDC分類 913.6

内容説明

激動つづく明治四年の年明け早々、維新新政府の中心人物にして時の太政官参議、広沢真臣が自邸で何者かに惨殺された。後ろ手に縛られ、全身を切り刻まれた見るも無惨な姿であった。広沢といえば、功臣賞典禄一八〇〇石は木戸孝允、大久保利通と並ぶ、大物中の大物。なにゆえ殺害されなければならなかったのか。刑部省逮部の佐伯謙太郎は独自の行動でその死の謎を追う。小説推理新人賞&乱歩賞受賞作家が、歴史的未解決事件の核心に迫った傑作ミステリー。

著者紹介

翔田寛[ショウダカン]
1958年東京生まれ。2000年「影踏み鬼」で第22回『小説推理新人賞』を受賞。受賞第一作として発表した「奈落闇恋乃道行」が第54回『日本推理作家協会賞・短編賞』の候補となる。08年には「誘拐児」で第54回『江戸川乱歩賞』を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)