• ポイントキャンペーン

双葉文庫
おきつね祈願―質蔵きてれつ繁盛記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575665024
  • NDC分類 913.6

内容説明

神田小柳町にある質店「八前屋」の主・仁三郎は、情に脆く商い下手である。かつては但馬国豊山藩の勘定方藩士であったが、七年前に誤って同僚を殺めてしまったことから逐電している。仁三郎討伐の藩命を受けた伊丹流の忍び・お紋と歌八が江戸に潜伏していることを、本人は知る由もない。また、持ち込まれる質草も奇妙なものばかり。新シリーズ第一弾。

著者紹介

沖田正午[オキダショウゴ]
1949年、埼玉県生まれ。埼玉県立与野高校卒業。2006年『丁半小僧武吉伝賽の目返し』(幻冬舎文庫)でデビュー。軽妙な中に温かみのある独特の筆致と軽妙な会話でファンを魅了している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)