• ポイントキャンペーン

双葉文庫
青雲之章―浅利又七郎熱血剣

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 324p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575664737
  • NDC分類 913.6

内容説明

松戸宿の米問屋の跡取り息子、又七(後年の剣豪、浅利又七郎)は、江戸で商いの見習いをするかたわら、小野派一刀流中西道場に入門し剣術修行に励んでいた。ある日、親友の忠兵衛の果たし合いの付添を務めることになり、卑劣な相手の武士を完膚なきまでに打ち負かすが…。剣の道をひたすら生きようとする若者の情念と苦悩を描く、著者渾身のシリーズ第一弾。

著者紹介

森山茂里[モリヤマシゲリ]
1959年、岡山県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。専攻は西洋政治史。国家公務員を経て、翻訳業のかたわら執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

松戸宿の糠屋の跡取り息子、又七(後年の剣豪、浅利又七郎)は、江戸で商いの見習いをするかたわら、小野一刀流中西道場に入門して剣術修行に励んでいた。ある日、親友の忠兵衛の果たし合いの付き添いを務めることになり、卑劣な相手の武士を完膚なきまでに打 ち負かす。著者渾身のシリーズ第一弾!