• ポイントキャンペーン

双葉文庫
鬼の冠―武田惣角伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 309p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575664249
  • NDC分類 913.6

内容説明

身の丈五尺に足らぬ小さな体に気合を迸らせ、血気に逸る大男たちを軽々と投げ飛ばす。『会津の小天狗』の異名をとり、幕末から昭和まで駆け抜けた大東流合気柔術中興の祖・武田惣角。齢七十を過ぎても衰えを知らなかった神技の数々はいかにして生まれたのか。漂泊を重ねた孤高の武術家の真髄に迫る長編歴史小説。

著者紹介

津本陽[ツモトヨウ]
1929年3月、和歌山市生まれ。東北大学法学部卒。78年、文明開化の時代の波涛のなかで滅びていく紀州の古武捕鯨を描いた『深重の海』で第79回直木賞を受賞。その後『明治撃剣会』で剣豪小説に新境地を開き、さらに織田信長を描いた『下天は夢か』など、長編歴史小説を意欲的に執筆し続けている。95年には『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。2005年菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

身長150センチ足らずの体に気合いをみなぎらせ、見上げるような大男たちをバッタバッタと投げ飛ばす・・・。『会津の小天狗』の異名をとり、幕末から昭和まで駆け抜けた孤高の合気柔道家・武田惣角。その神がかった生涯に、歴史小説の大家・津本陽が迫る!