双葉文庫<br> 手鎖行―鎧月之介殺法帖

個数:

双葉文庫
手鎖行―鎧月之介殺法帖

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575664065
  • NDC分類 913.6

内容説明

悪代官の所業をお上に訴えようとして果てた若者の無念を晴らすため、甲州へと旅立った鎧月之介。だが、眼前に広がっていたのは、代官の手下によって無残に焼き尽くされた村だった。生か死か、極限まで追い込まれた村人を救うべく、囚われの身となった月之介に人間狩りの魔の手が迫る!大好評シリーズ第六弾。

著者紹介

和久田正明[ワクダマサアキ]
1945年、静岡生まれ。時代劇の脚本を数多く手がけ、現在は小説に専念している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

悪代官の所業をお上に訴えようとして果てた若者の無念を晴らすため、甲州へと旅立った鎧月之介が目にしたのは、代官の手下によって無残に焼き尽くされた村だった。村人を助けるために囚われの身となった月之介だったが…。シリーズ第6弾。