• ポイントキャンペーン

双葉文庫
隠居始末―鶴亀屋繁盛記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575664027
  • NDC分類 913.6

内容説明

倅に跡を譲って隠居することになった、菓子屋「風雅堂」の主の茂吉が、その祝いの席から忽然と姿を消した。人捜しを生業とする「鶴亀屋」の鶴川梅太郎は、茂吉の周辺から探索を開始するが、聞き込みが進むにつれ、茂吉の意外な一面が明らかになっていく。忌わしき過去に起因する神隠しの真相とは!?書き下ろし時代小説、好評シリーズ第五弾。

著者紹介

和田はつ子[ワダハツコ]
東京生まれ。日本女子大学大学院修了。出版社勤務後、テレビドラマの原作『よい子できる子に明日はない』で、一躍脚光を浴びる。その後、『ママに捧げる殺人』(角川書店)でミステリ・デビューを果たし、サイコスリラーという新たなジャンルを確立した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本橋の菓子屋風雅堂の主、茂吉の隠居祝いの宴席で、当の茂吉が姿を消した。茂吉の娘のおそでは、茂吉と以前から親交のあった鶴亀屋の梅太郎のもとを訪れ、茂吉の行方を捜して欲しいと依頼してきたが……。書き下ろし時代小説第五弾。