• ポイントキャンペーン

双葉文庫
幕末巨龍伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 378p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575663891
  • NDC分類 913.6

内容説明

紀州和歌浦にある法福寺住職で、秀才にして剣は柔剛流、槍は大島流、柔術は関口流の免許皆伝、北畠道龍。武士の退廃をいち早く見抜き、万延元年、雑賀衆の子孫も含まれる檀家より募って日本初の民兵組織を創設し勇名を馳せたのち、維新前後の激動期を駆け抜けていった怪僧の生涯を描いた、圧巻の長編歴史小説。

著者紹介

津本陽[ツモトヨウ]
1929年3月、和歌山市生まれ。東北大学法学部卒。78年、『深重の海』で第79回直木賞を受賞。その後『明治激剣会』で剣豪小説に新境地を開き、さらに織田信長を描いた『下天は夢か』など、長編歴史小説を意欲的に執筆し続けている。95年には『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。2005年菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)