双葉文庫<br> 父子雨情―影法師冥府葬り

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
父子雨情―影法師冥府葬り

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 308p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662887
  • NDC分類 913.6

内容説明

父を暴漢に殺害された青年剣士・宇佐美平四郎は、師と仰ぐ平山行蔵が御先手組頭・藤堂源左衛門から命じられた先手御用掛の仲間として、許せぬ悪を討つ役目を担うことになった。勘定方の島田外記と銭両替商・秋田屋の不穏な関係を探るうち、平四郎の前に、秋田屋の腹黒い企みが姿を現す。書き下ろし長編時代小説、シリーズ第一弾。

著者紹介

稲葉稔[イナバミノル]
1955年熊本県生まれ。脚本家などを経て、94年に作家デビュー。冒険小説、ハードボイルドなどを皮切りに、近年は時代小説に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)