双葉文庫<br> 子授け銀杏―照れ降れ長屋風聞帖

個数:
電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
子授け銀杏―照れ降れ長屋風聞帖

  • 坂岡 真【著】
  • 価格 ¥699(本体¥648)
  • 双葉社(2006/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 17時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 351p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662559
  • NDC分類 913.6

内容説明

新たに照降長屋の住人となった矢先に、寺社の境内で腹薬を売る浪人・田川頼母が切り刻まれて川に浮かんだ。同じ夜、田川が身請けを望んだ芸者小菊も自ら身を投げて骸となる。田川は久留米藩江戸屋敷の勘定方だった時、上司の不正を糺したために、かえって情のない男と揶揄され藩を追われた身だった。その因縁による惨殺と知った三左衛門の怒りが刃に篭もる!江戸の四季を背景に描く庶民の哀歓。書き下ろし長編時代小説。

著者紹介

坂岡真[サカオカシン]
1961年新潟県生まれ。早稲田大学卒業後、バブル絶頂期のデベロッパー企業に入社。億ションの販売、豪華客船の顧客手配などに従事、11年後に退社し、文筆活動を開始する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)