• ポイントキャンペーン

双葉文庫
黄昏に泣く―からくり文左江戸夢奇談

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 308p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662481
  • NDC分類 913.6

内容説明

からくり師・桜屋文左の剣術の師にあたる徳兵衛が、跡目を決める大事な試合を前に突然失踪した。その日の夕刻、文左は同じ町内に住む大工が、顔が判別できないほどの酷い姿で堀に浮んでいるのを見つけた。文左は八丁堀を尻目に素人探偵を始めるが…。期待の新鋭による好評シリーズ第二弾。

著者紹介

秋山香乃[アキヤマカノ]
1968年、福岡県生まれ。活水女子短期大学卒業。中学時代は演劇部でシナリオやコントを書き、高校入学頃より小説を書き始める。『歳三 住きてまた』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)