双葉文庫<br> 上意討ち始末―子連れ侍平十郎

個数:
電子版価格 ¥432
  • 電書あり

双葉文庫
上意討ち始末―子連れ侍平十郎

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575661941
  • NDC分類 913.6

内容説明

陸奥萩野藩で二十石徒組を勤める長岡平十郎は、病身の妻と五歳になる千沙とつましく暮らす下級武士だ。藩政の枢要に携わることもなく武芸に精励するだけの平十郎だが、その腕を見込まれ、ある日刺客として否応なく政争に巻き込まれてゆく。心ならずも荷担した派閥は政争に敗れ、平十郎には上意を帯びた討っ手が…。

著者紹介

鳥羽亮[トバリョウ]
1946年埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。1990年『剣の道殺人事件』で36回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。剣豪小説、時代ミステリー分野で活躍中