双葉文庫<br> 首切り―蛇目孫四郎斬刃帖

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
首切り―蛇目孫四郎斬刃帖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575661484
  • NDC分類 913.6

内容説明

八月の暑い盛り、蛇目孫四郎は神田明神境内の水茶屋にいた。眼前で町人の背中を切りつけた浪人の両手首を、思わず抜き打ちで薙いで斬り落とした孫四郎だったが、町人は「イタバシテンジュ」と呟いて事切れる。雇主の中野石翁の命を受け「イタバシ」は板橋宿、「テンジュ」は天珠寺ではないかと推測した孫四郎は、事件の真相を追い始める。超人気シリーズ、待望の初文庫化。

著者紹介

峰隆一郎[ミネリュウイチロウ]
1931年長崎県生まれ。日本大学理工学部、芸術学部中退後、編集者、週刊誌記者を経て作家活動に入る。1979年『流れ潅頂』で問題小説新人賞を受賞。以後、時代小説、推理小説で斬新な作品を意欲的に発表している