双葉文庫<br> 虚陰十郎必殺剣〈下〉斬人無慙

電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
虚陰十郎必殺剣〈下〉斬人無慙

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 383p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575661316
  • NDC分類 913.6

内容説明

江戸の米問屋浦屋の娘奈那を犯したことで、主人杢右衛門の依頼をきかざるを得なくなった陰十郎。飛騨高山への道中、次つぎと刺客、くノ一の急襲奇襲を受ける。それらの襲撃をかわし高山の材木問屋一位屋へ到着したのだが、一位屋の密貿易を知った陰十郎は幽閉の身に。かろうじて脱出を果たした彼の前には青蛾妖之介と名乗る剣客が立ち塞がるのだった。

著者紹介

峰隆一郎[ミネリュウイチロウ]
1931年長崎県生まれ。日本大学理工学部、芸術学部中退後、編集者、週刊誌記者を経て作家活動に入る。1979年『流れ潅頂』で問題小説新人賞を受賞。以後、時代小説、推理小説で斬新な作品を意欲的に発表