双葉文庫<br> 御用盗疾(はし)る

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
御用盗疾(はし)る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784575660708
  • NDC分類 913.6

内容説明

安政の大獄から三年、江戸では勤王の志士と称する浪人たちが、軍用金調達の名目で富裕な商家を襲うなど、世上騒然として徳川幕府の屋台骨はゆらぎはじめていた。薩長の芋侍たちに幕府を倒されたくない一心で、直参旗本ながら南町奉行所同心となった柘植修理介が、幕末の江戸で起こる励難事件の数々を、鋭い勘と凄まじい斬人剣で解く、修理介事件帖。

目次

仮面の悪女
吹矢の毒
鼠頭巾の暗殺者
斬られた組士の謎
御用盗疾る
久美が刺した