双葉文庫
本格ミステリの現在〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575658903
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0195

内容説明

綾辻行人『十角館の殺人』で扉が開けられた“新本格”。10年後、活気溢れる本格ミステリの核となっている作家に、気鋭の評論家が独自の視点でアプローチしていく。上巻では、その綾辻をはじめ、竹本健治、笠井潔、島田荘司、東野圭吾、折原一、法月綸太郎、有栖川有栖と、“新本格”以前からの流れを踏まえつつ、8人の作家が論じられる

目次

竹本健治論―尾を喰う蛇は“絶対”を夢見る(千街晶之)
笠井潔論―大量死と密室(法月綸太郎)
島田荘司論―挑発する皮膚(法月綸太郎)
東野圭吾論―愛があるから鞭打つのか(北村薫)
綾辻行人論―館幻想(涛岡寿子)
折原一論―決算後の風景(田中博)
法月綸太郎論―「二」の悲劇(巽昌章)
有栖川有栖論―楽園が罅割れるとき(千街晶之)

著者紹介

笠井潔[カサイキヨシ]
東京都生まれ。1979年、『バイバイ、エンジェル』で小説家デビュー。2003年、『オイディプス症候群』で本格ミステリ大賞を。伝奇小説やSFも。評論家・思想家としての著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)