• ポイントキャンペーン

今やらんとあかんのや―人生は百回でもやり直しがきく

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569635033
  • NDC分類 289.1

内容説明

「あんた自身は、何をやりたいんや」裁判官から居酒屋店主になった著者が語る人生の味わい方。

目次

序章 自分自身を生きる(先生と呼ぶのはやめてんか;好きなことやから、後悔しない ほか)
第1章 そや、居酒屋をやろう(定年になってからでは遅い;仕事がマンネリになったら身の引き時 ほか)
第2章 働くことの幸せ(味のためには手間を惜しまない;料理は素材との対話、毎日の工夫がものをいう ほか)
第3章 人を裁くことの痛み(どんな苦労も苦にならない;人間とは弱い生き物である ほか)
第4章 この素晴らしき世界(天から与えられたプレゼントのようなものだ。じっとして震えているより、思い切って飛び込んでみる;いつも新しいことにチャレンジを ほか)

著者紹介

岡本健[オカモトタケシ]
一品酒房ぱる店主。元大阪高裁部総括判事。1932年、大阪市生まれ。京都大学卒。1954年、大学在学中に司法試験に合格。1957年から札幌、大阪、神戸などで裁判官を務め、主に刑事事件を担当。大阪地裁刑事部総括判事を務めていた1985年、死者79人という都市災害史上最大の惨事・天六ガス爆発事故の一審判決を裁判長として言い渡した。さらに神戸地裁部総括判事、札幌高裁部総括判事などを経て、1991年、大阪高裁刑事部総括判事。1993年、還暦を機に退職し調理師学校に入学。のち大阪・北新地で板前修業を積み、1994年、居酒屋一品酒房ぱるを開店