生きる勇気―アウシュヴィッツ70年目のメッセージ

個数:
  • ポイントキャンペーン

生きる勇気―アウシュヴィッツ70年目のメッセージ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 00時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562051786
  • NDC分類 946

内容説明

朽ちることのない勇気、抵抗、人間の尊厳。戦後70年を経て、4人の音楽家・画家らが語った真実の声。絶滅収容所に至る差別と、アウシュヴィッツで地獄を体験した生還者として瀕死の経験から生き残るために得た智恵とは?何が生きる力を与えてきたのか?ホロコーストの過去の苦しみとともに、希望を抱いて生きてきた4人の印象的な証言と信念を記録している。

目次

1章 それでも、生きる―エスター・ベシャラーノ
2章 私たちは堂々としていた―エーファ・プスタイ
3章 人間よ、お前はどこにいるんだ?―イェファダ・バコン
4章 すべてのものには詩がある―グレタ・クリングスベルク

著者紹介

シュパンバウアー,クリスタ[シュパンバウアー,クリスタ] [Spannbauer,Christa]
作家、ジャーナリストおよび映画制作者でベルリン在住。自著では、社会問題を扱っている

ゴンシオア,トーマス[ゴンシオア,トーマス] [Gonschior,Thomas]
フリーの映画制作者、ジャーナリストおよび作家でミュンヘン在住。制作の重点は、学術的且つ社会・政治的背景をもったドキュメント映画で、『ヴェルナー・ハイゼンベルク』、『移民とヨーロッパという砦』がある

笠井宣明[カサイヨシハル]
ミュンヘン大学文学部修士課程修了(Magister/修士)。アイヒシュテット=インゴルシュタット・カトリック大学文学部博士課程修了(Dr.Phil/哲学博士)。ミュンヘン大学、フンボルト大学、ボン大学を経て、現在ミュンヘン大学日本センター専任日本語上位教官、兼交換留学指導教官。専門はドイツ語教育、日本語教育、対照言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アウシュヴィッツ生存者4人の経歴と、極限の状況下でも保ち続けた抵抗力、最低の状況下でも放棄しない人間の尊厳などを語り継ぐ。

アウシュヴィッツの生存者で芸術家4人を、ドイツ、ハンガリー、イスラエルに訪ね、
各人の経歴と、極限の状況下でも保ち続けた人間の抵抗力、破壊不能な生きる勇気と生命力、
最低の状況下ですらも放棄しない人間の尊厳などを語り継ぐ。