ミステリー・リーグ<br> クリスマスローズの殺人

個数:

ミステリー・リーグ
クリスマスローズの殺人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月29日 01時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562037179
  • NDC分類 913.6

内容説明

私立探偵メグが引き受けたのは、夫の出張中に妻が浮気をしてないか、という調査。まあ、よくあるタイプの仕事だった。これで年が越せる。ターゲットの家の向かいのマンションから監視を続けるメグ。だがいつまでたっても動きはなかった。灯りはついているのになぜか人のいる気配がない。おかしい。不審に思って駆けつけると、家にいたはずの妻はどこにもおらず、かわりに、海外へ出張に行ったはずの夫の惨殺死体が…。そしてさらに事件はとんでもない方向へと転がってゆく。軽ハードボイルド+コージー+本格推理。

著者紹介

柴田よしき[シバタヨシキ]
1959年東京生まれ。青山学院大学を卒業後、95年に『RIKO 女神の永遠』(角川文庫)で第15回横溝正史賞を受賞。ハードボイルドから本格ミステリ、SF、伝奇、ホラーにいたるまで、幅広い作風が支持されている