人間選書<br> 語り継ぐふるさとの民話―24人の語り手たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

人間選書
語り継ぐふるさとの民話―24人の語り手たち

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784540910609
  • NDC分類 388.1

内容説明

絶妙の語りと語り手の人生を聴く。鶴女房・笠地蔵・瓜姫・小僧と鬼婆…そして現代の民話。

目次

アイヌの説話・ウエペケレの名手 木村きみさん(金の小函ゆらゆら)
村おこしにも一役、伝承園の語りべ 阿部ヨンコさん(ぶっ欠げ椀)
物語は浦浦をたゆたう 岩崎としゑさん(こもんさんと蛇)
前句づけの風土が育てた語りのリズム 堀井徳五郎さん(小僧と鬼婆)
篤農の翁が垣間見せたくつろぎ 斎藤直七さん(尻尾の釣)
こまやかに暮らしを語りこむ 遠藤登志子さん(かにの褌)
「落人」3代の生きざまをのみこんで 原沢はるさん・関つるさん(屁っぴり姉さ;猿の頭)
漁師のたまり場から滑稽な世間話が 前田治郎助さん(飛んでもふぐ;ねんねろよォ)
木場の職人が粋を競う 篠原甚太郎さん(嘘みてえな話―空襲のとき;東京湾のお化け)
東京の村のランプの灯の下で 藤原ツヂ子さん(雪女)
旧満州「棄民」の辛酸を子ざもたちに 矢沢〓@49AAさん(逃避行)
三百のムカシを語る類いまれな伝承者 下条登美さん(味噌買橋)
「夕鶴のふるさと」が伝える古風な語り 山本ハツさん(鶴女房)
雪深き里の炉端の語り手 宮下石之助さん(風呂屋の神さま)
天満の天神さんあたりで覚えた昔話と歌 坂田静子さん(おんちょろちょろ;旅学問)
笑話で得意、即興で歌問答も 大田節蔵さん・大田サダさん(おなら問答;雀孝行;蛇と蛙)
知恵者の家系が生んだ物腰やわらかな語り手 横山宗宰さん(瓜姫)
土佐山中での出遇いから 川上今朝道さん(蛇が渕の大蛇)
天草の船乗りが港港で集めた話 川崎正三さん(因縁ばなし)
逆境のなかで明るく語る 福貴島順海さん・荒武タミさん(笠地蔵)
淡々とした語りから鮮明なイメージが 山本川恒さん(キャーギの精)

出版社内容情報

鶴女房、笠地蔵、瓜姫、小僧と鬼婆(3枚のお札)……。有名な昔話も元をたどれば各地の炉端の語りから生れた。全国の民話の語りの名手24人を訪ね、その素顔と代表的な語りを再現する異色のアンソロジー。