Rakuda books<br> 古代東北王朝と藤原四代の興亡と謎―みちのくの黄金王国はなぜ滅びたのか!?

  • ポイントキャンペーン

Rakuda books
古代東北王朝と藤原四代の興亡と謎―みちのくの黄金王国はなぜ滅びたのか!?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784537023572
  • NDC分類 210.3

内容説明

二つの日本―東VS西政権の熱く永い対立・抗争の軌跡。荒吐王朝~アテルイ、安倍・清原氏による古代日高見国と大和政権との対立・抗争を描き12世紀に華咲いた藤原平泉王朝‐黄金文化の興亡の軌跡を活写する。

目次

序章 日本は二つある―はるかなり、東‐西日本
第1部 古代東北王朝の興七と謎―ヤマト政権の成立から東北戦争の終結まで(『東日流外三郡誌』に描かれた荒吐連合とヤマト政権の相剋;ヤマト政権の東方進出と荒吐連合と退却;大化改新以降の蝦夷征伐と先住民抵抗の謎;古代最大の東北戦争と英雄アテルイの謎)
第2部 藤原四代の興亡と謎―平安朝から鎌倉幕府の成立まで(平安朝の蝦夷政策と安倍氏VS源氏の死闘;藤原四代の奥州平泉政権の謎;奥州〔平泉〕黄金文化の落日;海に向って開かれていた奥州平泉政権)