雑談ベタでも次々と売れる「場持ち」トーク術

個数:

雑談ベタでも次々と売れる「場持ち」トーク術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月19日 05時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534055972
  • NDC分類 673.3
  • Cコード C0063

内容説明

ベンツの商談から学んだ、「雑談のきっかけと広げ方」を覚えて「お客様から言葉を引き出し、聞き上手」になりいつのまにか売れているテクニックを初公開!「場持ち力」は、雑談で場をなごませ、信頼を得るだけではなく、お客様のニーズをつかみ、困りごとを把握し、最終的に商品を売る、という営業トーク術です。

目次

第1章 ビジネスで成功をおさめる人は、「営業トークがつきぬけて」優れている!―柿野流営業コミュニケーション“場持ち力”のすすめ(「場持ち力」は、信頼を得るための営業トーク力;「雑談」だけで一度に10台のベンツが売れた ほか)
第2章 相手を「しゃべらせ上手にさせる」柿野流営業トーク術(相手の頭から湯気が出るくらい話をさせる;埴輪顔になっていないか?笑顔とうなずきが基本 ほか)
第3章 一流の人は「何をネタに」場を持たせ、信頼を得ているのか?(「アイドリング雑談」と「セールス雑談」;「お互いの共通項は何か?」を徹底的に探る ほか)
第4章 場持ちがいい人が「結果を最短で出す」ためにやっていること(売れ続ける人の4ステップ;理想は「ワンタッチ・ワンクロージング」 ほか)

著者等紹介

柿野隆[カキノタカシ]
1969年、福岡県生まれ。大学卒業後、1年間だけサラリーマンをすると決め、セルセデス・ベンツ正規販売店に入社。翌年3月、計画通り1年間の勤務後、退職。退職後半年間独立の準備をし、24歳で起業。輸入車販売事業を個人事業としてスタートさせる。しかし、信用も人脈も資金力もない中で大きな壁に打ち当たる。一時は1000万円の借金を背負い、ホームレス同然の生活をする。しかしその後、販売実績を伸ばす独自の「雑談力・トーク術」を磨きその実績が認められ、メルセデス・ベンツを業販価格で仕入れられる権利を取得。オリジナルの販売スタイルで、現役の「メルセデス・ベンツ販売代理店」として活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ベンツの商談で学んだ、雑談のきっかけと広げ方のコツ、言葉を引き出し、聞き上手になる方法。

柿野隆[カキノタカシ]
著・文・その他