確率論的思考―金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学

電子版価格 ¥864
  • 電書あり

確率論的思考―金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534046116
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0030

内容説明

人は偶然を必然と思い込み、しばしば致命的な失敗を犯す。それを避けるためには、物事の本質を確率として捉え、何事も絶対とは見なさない考え方が必要となる。それが「確率論的思考」である。

目次

第1章 世界を支配する不確実性(世界は偶然に満ちている;株価は予測できるのか? ほか)
第2章 歴史と不確実性―勝者たちの哲学(織田信長はなぜ覇者となりえたのか?;桶狭間の真実 ほか)
第3章 市場と不確実性―なぜ人は確率を見誤るのか(偶然+αが株価を動かす;猿とファンドマネージャー ほか)
第4章 科学と不確実性―確率とは何なのか(“すでに起こった未来”と不確実性;ラプラスの悪魔の呪縛 ほか)
第5章 確率論的思考―真の成功に必要な意識改革(不確実な世界で必要なもの;多様性の恩恵 ほか)

著者等紹介

田渕直也[タブチナオヤ]
1963年生まれ。85年一橋大学経済学部卒業。同年、日本長期信用銀行に入行。デリバティブを利用した商品設計、デリバティブのディーリング、ポートフォリオマネジメント等に従事する。その後、海外証券子会社であるLTCB International Ltdに出向。デリバティブ・ディーリング・デスクの責任者を務める。帰国後、金融市場営業部および金融開発部次長。銀行本体のデリバティブ・ポートフォリオの管理責任者を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。