<CD-ROM>(Win版)<br> W>21世紀惑星探査大辞典 水星・金星・月・小惑星

  • ポイントキャンペーン

<CD-ROM>(Win版)
W>21世紀惑星探査大辞典 水星・金星・月・小惑星

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/高さ 24cm
  • 商品コード 9784532455279

出版社内容情報

灼熱と極寒の水星、熱い大気に覆われた金星、人類が唯一到達した宇宙である月、太陽系の歴史のかけらとも言える小惑星の真実が今、明かされる

私たちに最も身近な宇宙-太陽系-の惑星探査についての本格的なエンサイクロペディアCD-ROMがついに登場しました!NASAの元チーフエンジニアやエミー賞受賞のスペースアーティスト、数多くの宇宙科学者など超一流のスタッフ陣が参加し、総力を結集したプロジェクトがこのEXPLORING THE PLANETS-21世紀・惑星探査大辞典です。太陽系の各惑星(衛星・彗星)についてわかっていること全てと過去行われてきた探査、そして未来に予定されている探査を壮大なスケールのCGムービーを交えながら一気に浮き彫りにします。

●メインメニュー
まずはメインメニューへどうぞ。太陽系ハンドブックでは水星、金星、月、小惑星帯を、20世紀の惑星探査では冷戦時代に繰り広げられた宇宙開発競争が影を落とすマジェラン、マリナー、ベネーラによるプロジェクトを、といったようにトピックとなる項目ごとに内容をまとめてあります。関心のあるトピックへお進みください。

●太陽系ハンドブック
水星、金星、月、小惑星帯の全体像をつかむには「ガイド」のボタンをクリックするのが早道です。リアリティーのあるCGムービーは圧巻です。地球とのサイズ比較や生成のプロセスなどを理解するには「データ」を、人類の過去の取り組みに関しての情報は「歴史」を、注目される地形や想像される事柄をグラフィックや写真で具体的に知りたい場合は「調査」をクリックしましょう。


●20世紀の惑星探査
ここでは、20世紀に行われた代表的な惑星探査である「マジェラン」「マリナー」「ベネーラ」によるプロジェクトを紹介していきます。クリックするとすぐに始まるナレーションとCGムービーで全体像をつかんでみましょう。「概要」は探査のプロセスや実際を、「探査機の構造」は探査機のディテールを理解するのに便利な項目です。

■必要なシステム
CPU:Intel Pentium互換プロセッサ(133MhzのIntel Pentium MMXプロセッサ以上推奨)/OS:Microsoft Windows95/98 日本語版/メモリ:12MB以上の空きメモリ(32MB以上を推奨)/ハードディスク容量:本タイトル1枚につき約50MBの空き容量/サウンドボード:Windows互換のサウンドボード/モニター:解像度640×480ピクセル以上表示可能なカラーモニター/ビデオボード:16ビットカラー以上を表示可能なもの(32ビット、True Color以上を推奨)/CO-ROMドライブ:8倍速以上(16倍速以上を推奨)