英語で読む日本経済新聞社説〈2010年下半期〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

英語で読む日本経済新聞社説〈2010年下半期〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 22時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 183p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784532406721
  • NDC分類 837.4

内容説明

半島危機や中国への対応、来年度予算編成、核軍縮、ヤフー・グーグル連携、レクサスの品質神話、企業人と英語、温暖化対策など、重要テーマをあますところなく取り上げた日本経済新聞の社説を英訳。

目次

1部 THE NIKKEI WEEKLY/Editorials(Japan should speed fiscal reform after G‐20;Firms must adapt to China labor changes;Cutting Diet seats no mere campaign pledge;Rosier‘tankan’result warrants no optimism;Economic,tax,fiscal reform badly needed ほか)
2部 日本経済新聞社説(財政立て直しの国際数値目標の重さ;変わる中国の労働事情 踏まえた戦略を;掛け声だけの議員定数削減では困る;決して喜べぬ短観の改善;危機回避へひるまず経済・税財政改革を ほか)