日本林業はよみがえる―森林再生のビジネスモデルを描く

個数:

日本林業はよみがえる―森林再生のビジネスモデルを描く

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532354572
  • NDC分類 652.1
  • Cコード C3033

内容説明

50年ぶりのチャンスがやって来た。日本は世界に冠たる林業大国になれる。内閣官房国家戦略室のキーマンが、「宝の山」を生かすための数々の具体策を示す。

目次

日本林業のチャンス到来
持続可能な林業とは何か
日本林業の不都合な真実
世界の森づくり・林業はこうなっている
日本にふさわしい森づくり
林業経営を支えるシステムの構築
待ったなし 森林組合の再生
あるべき林業機械の路網
「保育から利用」への転換を実現する予算
欧州の木材産業は今
日本の木材産業の構造転換
バイオマスエネルギー利用拡大のために
動き出す森林・林業再生プラン

著者等紹介

梶山恵司[カジヤマヒサシ]
内閣官房国家戦略室内閣審議官。外務省、ドイツ・チュービンゲン大学留学、日興リサーチセンター・ロンドン・フランクフルト勤務、富士通総研を経て、2009年11月より現職。2001年から2003年にかけて富士通総研より経済同友会に出向し、環境問題を担当。以降、欧州の気候変動政策に関する調査研究、森林・林業再生のための研究および実践を行う。慶應義塾大学大学院(ドイツ語)修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

桃の種

6
林業は最近の生き急ぐ社会とは違い、百年単位の時間スケールで動いていると思う。なのに、打ち出される森林政策は小手先の、長期的なビジョンのない中途半端なものが多いのかもしれない。もっと徹底的にやってみたらどうだろう。森林はでっかいポテンシャルを持っているから扱い次第で良いこと起きるんじゃないかなー2020/11/26

my

4
日本の林業のこれからの可能性。50年を迎える樹々が今回収どきだというのに、なんら全く手を打てていない現状に気を揉みます。科学的根拠に則った筆者の主張は唸らせるものがありますが、それ以上にひどい今の日本の林業の有様を伝えている写真に心を打たれました。マニュアルもルールもなく手探りでしなければならない日本の林業。欧州の林業主要国の林業に対するきめ細やかな制度にはただただ嘆息するばかりです。日本も火力以外にはどうしようもないなんて言ってる時間の代わりに常に考え続け、先を読んで行動に移すべきだと思いました。2015/11/12

メルセ・ひすい

4
14-63赤75 森林先進国のドイツのフォレスターの指導を教授する。。科学的分析、技術、理論。そして路網の整備。そして作業員の労働衛生や職場の安定確保。日本林業は地域の重要な成長産業になる。国家戦略室審議官として民間任用され、林野庁の「森林・林業再生プラン」草案を執筆したキーマンが、日本の林業の問題点と再生のための数々の具体策を提示する。2011/02/27

gotomegu

3
林業の政策側視点の本。補助金によって、森林組合に経営感覚がなくても存続できてしまうのが問題。間伐や下草刈りに追われて、同じ現場で一連の作業をすることがなく、技能も蓄積されにくい。国産材が安定して出てこないため、合板メーカーも安定して入ってくる輸入材を使わざるをえない状況も。放置されている民有林をとりまとめる機関、路網を作って山の管理をしやすいようにする人材教育、いい材を育てて妥当な金額で安定して売れる、製材されるように政策を作る必要があるようだ。2017/01/05

ken

1
日本の林業の課題を偏りなくまとめています。2018/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1830873

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。