カンブリア宮殿 村上龍×経済人〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 386p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532166526
  • NDC分類 335.21
  • Cコード C0034

内容説明

できる社長のルールとは?ニュースが伝えないニッポン経済。

目次

1 安全でおいしい食(田中邦彦・くらコーポレーション社長;伊勢彦信・イセグループ会長 ほか)
2 新しい技術と価値(篠原欣子・テンプスタッフ社長;中村義一・三鷹光器会長 ほか)
3 挫折からの挑戦(出井伸之・元ソニー最高顧問;池森賢二・ファンケル名誉会長 ほか)
4 伝統からの脱却(小仲正久・日本香堂会長;鈴木敬一・築地魚市場社長 ほか)
5 危機感をキープするメジャー企業(木瀬照雄・TOTO社長;加藤壹康・キリンホールディングス社長 ほか)

著者等紹介

村上龍[ムラカミリュウ]
1952年長崎県生まれ。76年、デビュー作『限りなく透明に近いブルー』で第75回芥川賞受賞。99年より金融経済をテーマとするメールマガジン「JMM」を発行、編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。