歩を「と金」に変える人材活用術―盤上の組織論

個数:
  • ポイントキャンペーン

歩を「と金」に変える人材活用術―盤上の組織論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 17時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532166380
  • NDC分類 796

内容説明

大切なのは選択肢を狭める感性!ここ一番で頼りになるのは飛車角より歩。将棋の伝統に培われた「と金文化」を今こそビジネス・教育の現場で活かすべきだ。心理的駆け引き、戦術・戦略、イノベーションまで、天才棋士の研ぎ澄まされた勝負勘の淵源に、幾多の名将を取材してきたスポーツジャーナリストが肉薄。

目次

第1章 「歩」が最強の駒になるとき(弱められた駒の力;日本独自の再利用ルール ほか)
第2章 「知識の共有」が最適の戦略(金銀三枚でスリーバック;スペシャリスト系ゼネラリスト ほか)
第3章 経験から生まれる「勘」(天才を育てていく環境;理解することは短縮すること ほか)
第4章 選択肢を狭める感性(一局で体重は三キロ減る;ケミストリーを楽しむ ほか)
第5章 才能を伸ばす(特待生問題;「何々らしさ」を疑え ほか)

著者紹介

羽生善治[ハブヨシハル]
1970年生まれ。埼玉県所沢市出身。二上達也九段門下。小学六年(82年)六歳で奨励会入会。中学三年(85年)に四段。一九歳(89年)で初タイトルの竜王位を獲得する。94年、九段に昇段。96年、王将位を獲得し、名人、竜王、棋聖、王位、王座、棋王の七冠を独占。2005年、王座戦一四連覇で、同一タイトル連覇の新記録を樹立する。タイトル戦登場八四回、タイトル通算六六期、棋戦優勝回数三二回(2007年9月30日現在)

二宮清純[ニノミヤセイジュン]
1960年愛媛県八幡浜市生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開。スポーツニュースや報道番組のコメンテーター、講演と幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)