新型インフルエンザパンデミックに日本はいかに立ち向かってきたか―1918スペインインフルエンザから現在までの歩み

個数:

新型インフルエンザパンデミックに日本はいかに立ち向かってきたか―1918スペインインフルエンザから現在までの歩み

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年12月02日 16時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784525185510
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C3047

内容説明

今(新型コロナウイルスCOVID‐19)いかせる経験がここにある。

目次

第1章 2009年の新型インフルエンザ(2009年新型インフルエンザ―パンデミックの概要・国の対応;新型インフルエンザ(A/H1N1)に対する成田空港検疫所での対応 ほか)
第2章 過去の(そのほかの)新型インフルエンザ(スペインインフルエンザ;アジアインフルエンザ ほか)
第3章 鳥インフルエンザのリスク(鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルス
鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス)
第4章 これからに備えて(2009年のパンデミックから10年の歩み;新型インフルエンザ等対策特別措置法のもとでの対策の進展 ほか)

著者等紹介

岡部信彦[オカベノブヒコ]
1971年東京慈恵会医科大学卒業。その後小児科医として臨床経験を積む。1978年~米国Vanderbilt大学小児科感染症研究室に研究員として留学。帰国後は国立小児病院感染科などに勤務。1991年~WHO西太平洋地域事務局伝染性疾患予防対策課課長。1995年~慈恵医大小児科助教授。1997年~国立感染症研究所にて感染症情報センター室長、センター長を務める。2013年~川崎市健康安全研究所所長

和田耕治[ワダコウジ]
2000年産業医科大学医学部卒業。2006年カナダ国McGill大学産業保健学修士・ポストドクトラルフェロー。2007年北里大学大学院博士課程修了。2009年~北里大学医学部衛生学公衆衛生学教室にて助教、講師、准教授を務める。2013年~国立国際医療研究センター国際医療協力局。2018年~国際医療福祉大学医学部公衆衛生学・医学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。