• ポイントキャンペーン

展望 日本型理科教育―過去・現在・そして未来

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784491021249
  • NDC分類 375.42

目次

第1章 日本型理科教育のあゆみ―理科教育の過去(日本型理科教育とは?;学習指導要領の変遷と理科教育のあゆみ ほか)
第2章 自然に親しみ見通しをもって探究する理科―理科教育の現在(理科の目標と内容;理科の評価 ほか)
第3章 万人のための理科―理科教育の継承(理科・自然・科学;論理 ほか)
第4章 21世紀の理科―理科教育の未来(自然に入り科学をつくる理科;知の更新 ほか)
小学校理科用語集―おさえどころの100ターム

著者紹介

日置光久[ヒオキミツヒサ]
広島大学大学院教育学研究科博士課程前期・後期において理科教育学を学ぶ。その後、広島大学教育学部助手、広島女子大学助教授、文部科学省初等中等教育局小学校課教科調査官を経て、現職。自然と科学を基盤として、子どもが自ら知を更新していく新しい理科教育の考え方を提唱している。日本理科教育学会、日本科学教育学会、日本環境教育学会等に所属し、理論的な研究を進めるとともに、(社)自然体験活動推進協議会(CONE)トレーナー、(社)日本ネイチャーゲーム協会指導者養成委員兼公認インストラクターとして、自然体験/環境教育に関する実践的な研究にも積極的にかかわっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)