教育社会学研究〈第72集〉特集 教育改革と評価のダイナミズム

個数:

教育社会学研究〈第72集〉特集 教育改革と評価のダイナミズム

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784491019031
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C3037

内容説明

評価主義は、教育の世界だけでなく、社会制度のすべてに適用可能な万能薬だと錯覚されているふしがあります。社会制度の評価は、ステイク・ホルダー(利害関係者)間の「信頼」を担保するシステムであり、決して「監視」と「制裁」のシステムではないはずです。現実の評価導入は、教育システムにどのようなインパクトを与えているのか?理論と国際比較を視野にいれながら、評価が教育改革に与えているインパクトを多元的かつダイナミックに解明したいと考えて、今回の特集を編むことにしました。

目次

特集 教育改革と評価のダイナミズム(教育政策と評価のダイナミズム;評価の政策史 ほか)
論稿(臨床心理学における科学性規準の変遷;教育社会学における実証研究の諸問題 ほか)
書評(稲垣恭子・竹内洋(編)『不良・ヒーロー・左傾』
北沢毅・片桐隆嗣(共著)『少年犯罪の社会的構築』 ほか)
課題研究報告(心理主義化する社会と学校教育(2)
階層と教育の新しい関係 ほか)